【初心者でも手軽に!】ガーデニング・家庭菜園の「土選び」のポイント

 

 

こんにちは、エコデパスタッフの目代です。各地から桜の開花のお便りが届き、植物も動物も活動が盛んになる季節となりました。

 

 

これからガーデニングや家庭菜園をはじめようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?植えられる草花や野菜の種類が豊富な春。今の時期から夏まで栽培できる野菜も多く、長く収穫を楽しむことができます。そのため、春は植物の栽培をスタートするのにぴったりの季節!

 

 

「広いお庭がないから…。」という方も、プランターや植木鉢を使えば、ベランダで手軽に植物の栽培をはじめられます◎

 

 

 

 

賃貸マンション住まいのわが家でも、ミニトマトやパクチーの栽培にチャレンジしてきました。今年もそろそろ準備を始めようと思っています。

 

 

これまでのベランダ菜園ではアブラムシがついてしまって「ひぃ〜〜〜!!」となったこともあり苦労もしましたが、その分収穫の喜びはひとしお!6歳の娘も、自分で水やりをしたトマトを食べたときは大喜びでした。

 

 

わずかながら栽培の手間を実感することで、改めてスーパーに並ぶ野菜の美しさや美味しさ、そして有り難さを実感したのでした。また、子どもの「食育」という観点からもおすすめです◎

 

 

この春、ガーデニングや家庭菜園で育てる楽しみや、収穫する喜びを感じてみませんか?今回は初心者の方でも手軽にガーデニングや家庭菜園がはじめられる「土選び」のポイントや、「土づくり」の手間が省けるアイテムをご紹介します!

 

 

 

 

 

初めてでも「土づくり」に困らない、土選びのポイント

 

 

 

植物栽培の要とも言える「土」。園芸ショップにでかけると、多種多様な土が並んでおり、植物の栽培が初めての方はどれを選べばいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

 

 

また、ベテランの方でも「もっと扱いやすい土に出会いたい!」と思っている方もいらっしゃるかと思います。家庭での植物栽培に求められる土の条件を以下にあげました。

 

 

(1)軽くて扱いやすい

(2)簡単でだれでも栽培しやすく、よく育つ

(3)何度でも繰り返し栽培できる

(4)土や肥料が雨などで流出しない

(5)ビルなどで風が強い時も土が飛ばされない

(6)環境や健康に優しい

 

 

 

いかがでしょうか?「こういう土があるなら、ずっと気になっていた家庭菜園をはじめられるかも!」と思いませんか?そんな方におすすめしたいのが、6つの条件をすべてクリアする「有機質軽量培養土」です。

 

 

 

 

 

ベテランの方も初めての方にも◎「有機質軽量培養土」

 

「有機質軽量培養土 4L」

 


ピートモスやセラミック化した珪藻土を配合することにより、土壌のバランスがくずれず、繰り返し使える理想的な土に仕上がりました。保水性、保肥性、透水性、通気性に優れており、面倒な土づくりは必要ありません。
野菜、花、観葉植物など、幅広くお使いいただけます。

 

 

 

 

原料の土は、ピートモスにモンモリロナイトという粘土をコーティングしたもので、日本・アメリカ・カナダの特許を取得し、中東UAEの砂漠緑化や野菜工場などで実績を持つ、ヴェルデ社のヴェルデナイトを使用。

 


肥料は複合微生物で発酵させた緩効性肥料や、有機性リン酸を配合しています。植物の成長に合わせて適宜追肥してください。葉物は追肥の必要はありませんが、収穫後、次に栽培する時は施肥してください。

 

 

※あらかじめ肥料を含んでいるので使い始めは、他の肥料を加えないでください。

※放射性セシウムは検出されていません。

※放射能検査済み 検出限界値:9.537Bq/Kg Cs134+Cs137不検出

 

 

容量は初めての方にもおすすめの「4L(220円/1L)」や少しお得な「4L 2袋(209円/1L)」、さらにお得で大容量な「20L(165円/1L)」をご用意しております。

 

 

>「有機質軽量培養土」はこちら

 

 

 

 

 

健康な土づくりには「植物生まれの有機質肥料」を

 

「植物生まれの有機質肥料 2kg」

 

 

「植物生まれの有機質肥料」は食品衛生法で厳しく管理された飲料や調味料の製造後の残渣を複合微生物で発酵させた肥料です。植物質の天然素材を主原料としており、化学物質や抗生物質を一切含まないので、安心してご使用いただけます。先にご紹介した「有機質軽量培養土」にも肥料として配合されています。

 

 

「植物生まれの有機質肥料」の特徴は?

 

・植物生まれの原料に昆布や発酵鶏糞を配合

昆布はアミノ酸やアルギン酸を、発酵鶏糞はリンやミネラルを多く含む高性能の肥料です。また、鶏の飼料には抗生物質を加えず、収穫後農薬不使用・非遺伝子組換の作物を使用しています。

 

・必要な栄養がバランスよく配合されており、植物の根張りがよく光合成が活発に。

・旨み、色つやの良い美味しい野菜を作ることができます。

・トマト、ピーマンなどは甘くみずみずしい果実が収穫できます。

・土の保水性、保肥性、通気性を向上。

・連作ができる健康な土に。

・花卉は鮮やかな花を長く楽しめます。

 

 

 

 

ご使用の際は1平方メートルあたり約1kgを目安にし、鉢やプランターで使用する場合は使用する土に対して約10~15%加えてください。

 

 

容量は「2kgL(330円/1kg)」や少しお得な「2kg 2袋(313円/1kg)」、さらにお得で大容量な「5kg(286円/1kg)」をご用意しております。

 

 

>「植物生まれの有機質肥料」はこちら

 

 

 

 

虫よけも土壌改良もお任せ「竹酢液そのままスプレー」

 

 

「竹酢液そのままスプレー」

 

 

植物栽培の虫よけとして有名な「木酢液」の数倍の効果と言われる「竹酢液」を使いやすい希釈スプレーに。植物を植える前に土に散布すると、有用菌が増えて土壌改良に。植えた後も定期的に散布すると、葉・茎・根が強くなるなど健康を促進し、病気予防になると言われています。

 

 

「竹酢液そのままスプレー」

 

 

他にも生ごみを良質な堆肥にしたり、虫よけに使ったり、ペットのトイレのアンモニアガスを消臭する作用も。3~4日毎に直接、葉、茎、又は土壌の表面に噴霧してください。

 

 

>「竹酢液そのままスプレー」はこちら

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?今回は初めての方でも手軽にガーデニングや家庭菜園を楽しめる、「土づくり」や「土選び」についてご紹介しました。重たい土や肥料などの園芸グッズは、宅配での準備が便利です◎今年はベランダやお庭で緑のある暮らしを楽しみませんか?

 

 

在エコデパでは園芸の際に活躍するアイテムを集めた「緑のある暮らし」特集も公開中です!ぜひそちらも合わせてご覧ください。

 

 

 

 

 

 

ーこのコラムの書き手ー

スタッフ・目代 / mokudai
神奈川県横浜市出身で、夫と6歳の子どもとの3人暮らし。蚊に刺されやすい。
好きなもの / コーヒー、クリームソーダ、ヨガ