今できることを思いっきり!2020年の夏を楽しむ4つのアイディア

 

 

こんにちは、エコデパスタッフの目代です。

 

 

梅雨明けも間近となり、いよいよ夏も本番に。また、もうすぐ夏休みという方もいらっしゃるかと思います。ただ、今年は「心置きなくバカンスへ!」とはいかないのではないでしょうか。

 

 

とはいえ、せっかくの夏の訪れです。できる範囲で、思いっきり楽しみたいところ。そこで今回は、2020年の夏を楽しむための4つのアイディアをご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

1.できないことではなく、今できることに意識を向ける

 

 

 

「行きたいのに、行けない。」「やりたいのに、できない。」というような状況は、大人も子どももストレスを感じますよね。

 

 

心理学の中でも、人間は見通しの立たない状況に、不安や恐れを感じやすいとされています。

 

 

そんな時は「今年の夏は身近な場所で楽しむ!」と決めてしまえば、「行けるか行けないかわからない」といったストレスからは解放されます。

 

 

その分、家の中やソーシャルディスタンスを保ちながら楽しめることに、目を向けてみませんか?新しい生活様式になったことで、オンライン上でのサービスの充実が加速しました。これによって、家にいながら体験できることが増えています。

 

 

 

 

オンラインで体験できるようになったもの

 

・食事会

・音楽などのライブ

・フィットネス

・料理教室などの習いごと

・セミナー

 

 

これらのことが、すべて自宅にいながら体験できます。これまで「遠くて行けなかった」「小さな子どもがいて出かけられない」といった事情で参加できなかったイベントにも、気軽に参加が可能です。

 

 

臨場感に欠ける場面はあるものの、これには大きなメリットがあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.大切なあの人へ、夏のお便りを書いてみる

 

 

 

スマートフォンの普及とともに、SNSやチャットでのコミュニケーションがほとんどになった今。この機会に大切な人へ、手書きの文字で想いを伝えてみませんか?

 

 

画面で見る無機質な文字とは違った、あなたの温度感が伝わるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

3.家庭菜園やガーデニングをはじめてみる

 

 

 

おうち時間が充実するこの夏は、お庭やベランダで植物を育ててみませんか?果菜が充実する夏は、家庭菜園の中でもいっそう楽しい季節です。

 

 

 

 

家庭菜園やガーデニングにはいくつもの楽しみが。

 

 

 

 

 

・育てる楽しみ

 

 

 

植物が日々成長していく様子は、私たちにエネルギーを与えてくれます。自分自身で手をかけた植物が大きくなっていく姿は、やはり嬉しいもの。

 

 

 

 

 

・目で見る楽しみ

 

 

 

 

ふとした瞬間に目にうつる、青々と茂る葉や、美しく咲く花は心の癒しに。

 

 

 

 

 

・収穫し、食べる楽しみ

 

 

 

野菜やハーブの栽培で最も楽しみなのは、収穫と食べる瞬間ではないでしょうか。てまひまをかけて育てた分、美味しさもひとしおです。

 

 

>エコデパの「園芸」アイテム一覧はこちら

 

 

 

次のページでは、夏を彩るファッションアイテムをご紹介します!