増殖シーズン前に!今から知っておきたい「ダニ対策」4つのポイント

 

 

こんにちは、エコデパスタッフの目代です!
うららかな春、新緑の気持ちのいい季節となりました。

 

 

そんな気持ちよさとは裏腹に、そろそろダニや台所害虫など不快な虫の増殖シーズン。

 

 

そこで今回は「ダニ」をテーマに、私たちの体に及ぼす影響やダニ対策の方法をお届けします!

 

 

 

 

ーダニが人に及ぼす影響とは?ー

 

そもそもなぜダニがこんなに嫌われる存在なのでしょうか。

 

 

ほとんど目に見えない程度の大きさで、人間に害がなければ気にも止めない存在だったかもしれません。ダニによる影響は大きく分けて2つあります。

 

 

(1)刺されることによる痒み

 

 

「寝ている間に刺された!」という経験はありませんか?

 

 

私は2年ほど前の夏にダニに刺されたことがあります。同時期に5歳の娘も刺されてしまい、必死にダニ退治をしました。

 

 

つまでも続くしつこい痒みがとても不快で、今ではダニ対策は欠かせません。

 

 

 

(2)ダニの死骸やフンがアレルゲンとなり、アレルギーを引き起こす

 

アレルゲンの一つであるダニの死骸やフン。これらを吸い込むことで、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状を引き起こします。

 

 

 

 

ーダニの増殖シーズンは?ー(※)

一般的にダニは湿度55%以上、気温25℃以上になると急速に増殖すると言われています。
そのため湿度・気温が高くなる春〜夏にかけては要注意。

 

 

また、増殖シーズン以外にも気をつけたいポイントがあります。

 

 

ダニには刺すダニと刺さないダニがいます。
ここでは仮に刺すダニをA、刺さないダニをBとします。

 

 

B(刺さないダニ)はA(刺すダニ)のエサになります。

 

 

 

<春〜夏>

B(刺さないダニ)が増殖すると、エサが増えることでA(刺すダニ)が増える。

 

 

 

<夏〜初秋>

A(刺すダニ)が増殖したことで、ダニに刺される被害が増える。

 

 

 

<秋>

春から夏の間に増殖したダニの死骸やフンによって、秋頃アレルギーを引き起こすとされています。

 

 

そのため春〜夏にかけてB(刺さないダニ)を増殖させないことが重要です。

 

 

 

<冬>

「それなら冬は安心ね!」と思った方に残念なお知らせです。

 

 

気温が低く乾燥する冬でも、暖房器具や加湿器が普及している現代ではダニの増殖の可能性が十分にあると言われています。

 

 

 

 

だから、年間を通した対策が必要です!

 

 

 

 

 

ーダニが増える条件とは?ー

 

(1)湿度55%以上、気温25℃以上の環境

 

 

(2)潜れる場所がある

ダニは潜れるところに卵を産みます。そのためカーペットや畳、ふとんなどの寝具はダニの棲家になりやすい場所といえます。

 

 

(3)ダニのエサがあること

ダニは動物のフケや垢、髪の毛、ホコリが大好物。潜伏できるホコリの中では、さらにダニが増殖することも・・・。

 

 

だから、室内環境を整えましょう!

 

 

 

 

 

ー布団の天日干しと掃除機で万全でしょ?ー

 

ダニ対策といえば「布団の天日干し」という方もいらっしゃるかと思います。
湿気を逃がすという点では有効です。

 

 

ただダニが死滅するには「50℃で20分以上」と言われています。

 

 

ですが、夏場であっても天日干しをした布団が50℃になることは難しいようです。

 

 

また、ダニ対策用の掃除機等も販売されていますが、生きているダニは掃除機で吸引されても繊維にしがみついたり、奥に逃げ込み除去しきれない場合も。

 

 

あんなに小さな体で・・・ダニ恐るべしです。

 

 

だから、ダニを棲みつかせない、繁殖させない環境が大切!

 

 

 

 

 

ーダニを寄せ付けないためにおすすめしたい、4つのことー

 

1.部屋を清潔にする

ダニのエサとなるホコリや髪の毛は落としたままにせず、こまめな掃除で清潔を保ちましょう。

 

 

2.室内の湿度を調整する

定期的な換気や、エアコンの除湿機能などを使い、室内の湿度が高くならないようにしましょう。

 

 

3.ダニの繁殖を抑制するアイテムを活用する

前述の通り、生きているダニは掃除機で吸引されても繊維にしがみついたり、奥に逃げ込み除去しきれない場合があります。

 

 

そのためダニ対策用のアイテムを活用し、ダニを忌避したり繁殖を抑制した上で、天日干しや掃除機がけなどの対策を行いましょう。

 

 

・防虫剤を選ぶ時のポイント

防虫剤や殺虫剤には「ピレスロイド系」などの農薬成分が使われているものがあります。

 

 

安全性が確認された上で製品化されているようですが、人体や環境への影響に不安が残ります。

 

 

特に布団やカーペットなど、直接肌に触れる場所のダニ対策は特に成分に配慮したいところ。農薬成分を使用していない植物成分のダニ対策グッズなら、人にも環境にも優しく、赤ちゃんやペットと暮らすご家庭も安心です。

 

 

4.布団やカーペットは定期的な天日干し+掃除機がけを!

布団の場合は敷いたままにしないようにしましょう。また起床してすぐに布団を押入れにしまうと、湿気が逃げずに布団や押入れにこもってしまいます。

 

 

天日干しをするか、しばらく立てておくなどして、湿気を逃がしてからしまうようにしましょう。布団が干せない梅雨時などは布団乾燥機を使っても◎

 

 

さらに掃除機をかけることで、アレルゲンとなるダニの死骸やフンを取り除くことができます。

 

 

 

また、洗濯可能な布団の場合は布団の丸洗いサービスを利用したり、布団用の洗濯乾燥機のあるコインランドリーで洗濯をするのもおすすめです。

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。今回は「ダニ対策」についてまとめました。

 

 

エコデパではダニをはじめ、台所害虫や黒アリなどを忌避する植物成分を使った防虫剤をお取り扱いしています。

 

 

青森ヒバなどの植物成分を使用した防虫剤は、会社創業のきっかけになった、思い入れのあるアイテムでもあります。

 

 

今ではたくさんの方にご愛用いただき、特に小さなお子さまやペットと暮らすご家庭や、化学物質にお悩みの方などからご支持をいただいています。

 

 

 

 

ーエコデパの植物成分を使ったダニ対策グッズー

 

 

<スプレータイプ>

・ダニィーくんバイバイ

 

 

<置き型タイプ>

・ダニコナイ

 

 

・美間(ビーマ)ジェル

 

 

<シートタイプ>

・ムシさんバイバイシート

 

 

 

 

 

(※)参考文献:一般財団法人京浜保健衛生協会(2018) 「京浜保健便り30.秋こそ注意!ダニアレルギー」<https://www.keihin.or.jp/72/>(2020年4月2日参照)

 

 

 

 

 

ーこのコラムの書き手ー

スタッフ・目代 / mokudai
神奈川県横浜市出身で、夫と5歳の子どもとの3人暮らし。
蚊に刺されやすい。
好きなもの / コーヒー、クリームソーダ、ヨガ