第24章 炭の浄化力

都市には公共下水道があって、生活雑排水をきれいに浄化してから川や海に放流しています。しかしながら、都市周辺の新興住宅地や農山村では下水道が整備されていないところがたくさんあり、トイレから流されるし尿や台所や洗濯機などから出る雑排水は垂れ流しか、簡単な浄化設備を通すだけで放流しています。

福岡県糟屋郡久山町は福岡市郊外の町です。この町は公共下水道を使わず、合併浄化槽(し尿と一緒に他の生活雑排水も処理できる浄化槽)を各家庭から事業所まで町全体に設置して、生活雑排水を飲めるくらいにまで浄化しています。

この町では、二十数年前から当時の町長・小早川新さん(故人)の方針で合併浄化槽を整備しました。小早川さんは自分たちの町から出る放流水で子供たちが泳いだり、ホタルや魚が生息したり、水田に入れても害のない水質にしようと、この方法を選びました。合併浄化槽は三段階の槽で出来ています。第一・第二の槽は嫌気槽と呼ばれ、ここには酸素がなくても生きられる微生物(バクテリア)が住みつきます。

第三の槽は絶えず空気(酸素)を送り、攪拌する好気槽(バッキ槽)です。この槽には酸素がなくては生きられない微生物が住みつきます。この二種類の性質の異なる微生物の働きを利用して有機物(汚れの物質)を分解するのです。合併浄化槽は単独浄化槽に比べて、生活雑排水の汚れを約8分の1に減少できるといわれています。

汚水を浄化するポイントは浄化材の選び方です。多くの場合小石を使いますが、久山町では小石に代えて炭を利用しました。それも福岡から遠く離れた岩手産のミズナラ黒炭が使われています。岩手産の黒炭は炭質が均一で、硬く、流水の中に長く放置しても、砕けたり、流れたりしないからです。

炭は多硬質で内部表面積が大きく、微生物が炭の内部に住みついて増殖します。その浄化力は、炭の表面積に比例して小石の1000倍以上にもなります。また、小石を使った場合は、毎年、その表面を掃除しなければなりません。炭は多量の微生物がその役割を代行してくれるので、掃除の必要がありません。

小石を使った場合、水質の汚れの目安となるBOD(数値が小さいほど浄化度が高く水がきれい)はは20ppmくらいですが、炭を使うとBODは2.0〜3.0ppmまで浄化でき、水道水と同じくらいきれいな水質になります。

久山町の小早川さんは、浄化槽を見学に訪れた人々に、浄化槽から出た放流水を汲み取り、無色無臭であることを示して、自ら飲んで見せたものでした。

小石を使う浄化槽は、今から約200年前、産業革命による工業化でロンドンのテムズ川が汚くなったときに開発された技術です。わが国でもこの方式を取り入れ、いまだに慣習的に使用しています。最近は小石に代わるさまざまな浄化材が開発され、利用されていますが、まだ小石を使う方法が主流です。

日本で考案された炭を用いる画期的な浄化方法は、製炭産業にたずさわる人々はもとより、河川の浄水や生活雑排水の浄化事業にたずさわる人々の間でも、まだ余り知られていませんが、その効果は科学的にもはっきり証明されています。

竹炭は木炭より表面積が大きく、硬質で、吸着力にもすぐれています。今後、河川や湖沼の水質はもとより生活用水の浄化材としても、大きな期待が寄せられています。


前へ 次へ
川の浄化に関する活動について
生活アートクラブは川の浄化をまじめに考えます
第1章 水と人間の関わり
第2章 水の大循環
第3章 海に囲まれている日本
第4章 水道水の浄化処理方法
第5章 日本の下水道について
第6章 下水道ものしり事典
第7章 最近の台所用合成洗剤
第8章 生活排水を汚す原因
第9章 環境への思いやり
第10章 洗剤による水汚染について
第11章 河川の水質汚濁防止方法
第12章 排水に関する法規制
第13章 生活に川をとりもどすために
第14章 川に流される大量の合成洗剤
第15章 危険な合成洗剤
第16章 台所用合成洗剤のゆくえ
第17章 合成洗剤や石けんの残留
第18章 石けんは環境や体にやさしい
第19章 界面活性剤の役割
第20章 化粧品に含まれる指定成分
第21章 合成洗剤についてのQ&A
第22章 竹が環境浄化に役立つ理由
第23章 美女の肌を守りつづけた炭
第24章 炭の浄化力
第25章 竹炭の材料になる竹の種類
第26章 竹炭の特徴について
第27章 今自分にできることを
第28章 地球はちょっと疲れてる
第29章 HPを立ち上げるきっかけ
第30章 愛
第31章 魚と合成洗剤
第32章 竹を見直そう!
カンボジアの井戸掘り事業

ページトップへ