第18章 石けんは環境や体にやさしい

家庭で洗濯に使用している粉石けん液を四倍の水で薄めると、石けん分の濃度は160ppm(0.016%)程度になります。(一回使用量=水30リットルに対し、石けん30グラム、粉石けんの80%が石けん分で、四倍の水で薄めると計算して)

濃度が160ppmでは、石けん分は水の中のカルシウムと結びついて、大部分はカルシウム石けん(脂肪酸カルシウム)になってしまいます。このカルシウム石けんは水に溶けないために水は白く濁って見えます。これは別名「食用石けん」とも呼ばれ、ミジンコや小魚の餌になります。実際、カルシウム石けんは牛やニワトリの飼料として製造されています。

カルシウムに結びつかない石けん分もありますが、水中の濃度が薄くなるため、界面活性作用がなくなり、魚への悪影響もなくなってしまいます。

この実験の石けん液の中のメダカはこの食用石けんをついばみ、生き続けます。

実際に洗濯の石鹸液が川に流れ出た場合、川の水でもっと石けん分は薄まり、水中のカルシウムと結びついて、100%カルシウム石けんになります。カルシウム石けんは、微生物をはじめとする川の生物たちの餌になります。

ですから、日本の河川、海のどこを分析しても、石けんは1ppmも検出されません。石けんは100%環境中で成分解されてしまいます。

しかし合成洗剤では、このような生物による分解はされません。

東京湾内の海底の堆積物中に含まれる合成洗剤濃度(LAS)を調べてみると、なんと200ppmも検出されています。合成洗剤の一部は川で分解せず、海に流入して海底に堆積してしまうのです。

製造時に高温、高圧(500度、50気圧)をかけ、化学変化させて作られる合成洗剤は、自然界の中ではなかなか分解せず、その毒性によって生物界に悪影響を与えているのです。


前へ 次へ
川の浄化に関する活動について
生活アートクラブは川の浄化をまじめに考えます
第1章 水と人間の関わり
第2章 水の大循環
第3章 海に囲まれている日本
第4章 水道水の浄化処理方法
第5章 日本の下水道について
第6章 下水道ものしり事典
第7章 最近の台所用合成洗剤
第8章 生活排水を汚す原因
第9章 環境への思いやり
第10章 洗剤による水汚染について
第11章 河川の水質汚濁防止方法
第12章 排水に関する法規制
第13章 生活に川をとりもどすために
第14章 川に流される大量の合成洗剤
第15章 危険な合成洗剤
第16章 台所用合成洗剤のゆくえ
第17章 合成洗剤や石けんの残留
第18章 石けんは環境や体にやさしい
第19章 界面活性剤の役割
第20章 化粧品に含まれる指定成分
第21章 合成洗剤についてのQ&A
第22章 竹が環境浄化に役立つ理由
第23章 美女の肌を守りつづけた炭
第24章 炭の浄化力
第25章 竹炭の材料になる竹の種類
第26章 竹炭の特徴について
第27章 今自分にできることを
第28章 地球はちょっと疲れてる
第29章 HPを立ち上げるきっかけ
第30章 愛
第31章 魚と合成洗剤
第32章 竹を見直そう!
カンボジアの井戸掘り事業

ページトップへ