ささ和紙ができるまで

"紙から布へ"
隈笹を漉き込んだ和紙を糸にし、布に織り上げていく4つの工程をご紹介します。

1)製紙
和紙を作る工程で和紙の原料と一緒に隈笹のフレーク(太陽光で葉緑素が分解されないように改良された隈笹の繊維)をすき込みます。この段階ではシート状の和紙(ささ和紙)になっています。
2)スリット
シート状のささ和紙を細長くスリットします。スリットとは紙を直線に連続してカットし、テープ状にすることです。細くカットすれば細い糸、太くカットすれば太い糸を作ることが出来ます。
3)撚糸(ねんし)
スリットされたささ和紙テープをこよりを撚る要領で撚りをかけていきます。これによって、テープが糸になります。糸にすることで、織ったり編んだり、様々な製品化が可能になります。
4)製織
撚糸されて作られたささ和紙糸を、縦・横に組み合わせ、織機で織り、布(SASAWASHI)にします。

古来の生活の知恵━和紙と隈笹
隈笹が持つ天然成分を、和紙に生かす
ささ和紙ができるまで
ささ和紙の特徴
ささ和紙 Q&A

ささ和紙商品はこちら

ページトップへ