食廃油回収とリサイクルせっけんづくりの循環型ネットワーク

食廃油回収とリサイクルせっけんづくりの循環型ネットワークの実現

● 生活アートクラブでは、「復活!今だからこそリサイクルせっけん!」と題して、食廃油の回収によるリサイクルせっけんづくりのネットワーク化を再現する。

●ゼロエミッション(廃棄物ゼロ)の重要性が問われる中、資源の無駄を最小限にとどめるよう、廃油をせっけんとして最後まで使い切ることを提唱する。

● 新油入手が安価でできる現代、ここで敢えて、「今だからリサイクル!」をしていかなくてはならないのである。

● この活動により、廃油が下水として廃棄される絶対量の軽減、及び廃油回収後の焼却に関する環境負荷を効果的に軽減できる。

従来までのリサイクルせっけんの問題点は、回収などによる手間が結果としてコスト高に繋がってしまうこと、むしろ新油が安く手に入ること、旧油の匂いがせっけん臭に繁栄されてしまう点などが挙げられる。

当クラブでは旧油の精製方法に独自の技術を用い、油の匂いの問題を解消、さらに植物のフィトンチッド効果により、洗濯しながら抗菌消臭効果ができるせっけんを開発した。

このせっけんは、製造法に於いてその他にも鹸化の過程や、熟成、粉砕技術に独自の技術を用している。

北海道苫小牧市でつくられているこのせっけんの評判は今のところ上々であるが、廃油の回収量などを考えると、せっけんの生産能力は僅かであり、広くリサイクルせっけんの輪を構築するためには運賃コストや廃油の回収手間などを考慮して首都圏に於いても将来的にこのようなネットワーク化を実現したいと考えている。

ちなみにこのせっけんは、当生活アートクラブですでに特許の申請をしている。

この技術を用い、首都圏に於いて廃油回収のネットワークを作り、そこで回収された廃油でせっけん作りを行い、廃油回収に協力してくれたホテルや飲食店には協力企業として、逆に安価でのリサイクルせっけんの提供を行なうものとする。

環境問題は大きな輪と協力が必要であることから、前記北海道苫小牧市で小さい輪ながらすでに実践されているのをモデルケースとして、首都圏に於いても大きなネットワーク化の構築がなされることを期待している。

現在、大量の廃油が出る企業の大部分は、産業廃棄物として有償で業者に引き取らせている。しかしながら引き取り後の油の活用については、中々付加価値の高いものとしては還元されない為、首都圏でもこのような回収業者が年々減少しつつあるのが現状なのである。

また、廃棄物として焼却される場合には、ダイオキシン発生などの重大問題、焼却炉の劣化が著しいことなども現場では頭を悩ませているようである。

資源の再利用については、個人や企業、行政が互いに協力することにより、少しでも大きな輪を形成することが求められるのである。

ネットワークづくりにあたっては、廃油提供者、回収業者、せっけん製造施設、製造技術、せっけん利用者などが相互協力していくことが前提となる。

ここで提案したいのは、首都圏内における障害者の授産施設などでのせっけん製造である。実際、前記苫小牧市では福祉施設の授産所で、彼らの社会参加も兼ねて、軽度の障害者によるせっけんづくりが行なわれるようになって約10年の実績がある。このような作業施設が首都圏に複数できることも、ネットワーク化の重要な鍵となるのである。

資源は最後まで使い切ることの重要性について理解を得ることで、廃油提供者は自らが使用した油により、生まれ変わったせっけんを再利用でき、環境に積極的に取り組んでいる企業としての評価は極めて高いものと言えよう。

せっけんの利用者が増えるように、安価で提供できるよう、相互協力体制をとっていく必要がるのである。このような輪の構築には時間と労力を要するが、当生活アートクラブでは、今までも各地で講演活動を通じ、私どもの主旨にご賛同いただいた協力者を大勢得ている。

また、このたび新しく川の浄化をテーマとしたホームページも開設し、今後の主とした活動としていきたい。

ページトップへ