水車杉線香

水車杉線香の材料は杉の葉と水だけ。水車で作るお線香

水車杉線香

価格:

1,296円 (税込)

[ポイント還元 64ポイント〜]
購入数:
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星なし 4.0 (1件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

品質表示

商品名 水車杉線香
特徴 杉の葉と水だけでつくった、現在大変貴重なお線香です。昔ながらの水車で杉の葉を挽いて作ります。
着色料・香料・防腐剤不使用。
材料・材質 杉の葉(国産。主に茨城県産)、水
内容量・サイズなど 365本入り
使用上のご注意

■ お客様の声

おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星なし つつじ様 2013-11-20
探せばこういうきちんとした商品がまだあるのだとうれしくなりました。
むせかえるようなきつい香りは一切なく、やさしいです。
作り手の誠意が伝わります。
お店からのコメント
2013-12-09
つつじ 様

レビュー投稿ありがとうございます。
かつて杉の木を材料にお線香を作ることは極々日常的なことでしたが、
今となっては大変に珍しくなってしまったようです。
先人たちの知恵により、主に建築資材として使われる杉の木を葉っぱまで活用し、
余すことなく使いきろうという美しい心が産んだ逸品ではないかと思います。
どうか今後ともご愛用くださいませ。

混じりっけなし。杉と水だけでつくったお線香。

「水車杉線香」は筑波山のふもと、周囲をぐるっと山に囲まれた茨城県八郷で作られています。
作っているのは駒村さんご一家が営む駒村清明堂。昔ながらの方法で100年作り続けてきた、香り高いお線香です。
混ざりもののない杉のお線香から上る煙には清涼感があり、ほのかに甘みも感じられます。
お線香としてはもちろんのこと、お香としてお部屋に焚きしめても情緒のある上品な香りです。

原料は杉の葉と、筑波山麓の清流から汲んできた水だけ。
「お線香」と聞くと緑色を思い浮かべますが、あの緑色は実は着色料。
「水車杉線香」は着色料を使用していないので茶色をしています。乾燥した杉の葉の自然な色です。

杉の葉を挽くのは、なんと松材でできた水車です。八郷の急峻な斜面を流れる恋瀬川の水が水車を動かします。
昔から杉の葉線香づくりには水車が使われてきました。
水車を使った線香づくりには機械での大量生産にはまねのできない大きな利点があるのです。

水車で挽いたお線香は香りが高いといわれます。
ゆっくりじっくり挽くことによって熱の発生が抑えられ、杉の葉そのものの香りが引き立つのだそうです。もちろん、香料は一切使っていません。
香りはなんといってもお線香の肝。お線香づくりへの強いこだわりがあるからこそ、駒村さんは水車を使った製造を続けています。
また、水車を使うということは自然エネルギーを使った持続可能な製造方法でもあります。

次に、水車で挽いた杉の葉に清流の水を沸かしたお湯を混ぜてお線香に練り上げます。お湯だけで固まるのは、杉の葉のヤニがつなぎの役割を果たすためです。
使う杉の性質や樹齢によってヤニの質や出方が違うため、木の特性を見極めてお湯の量や練り加減を決めます。季節や天候によっても粘りが変わってくるので、職人技と経験が物を言います。 まさに、シンプルで良いものには奥深さがあることを実感させられる製品です。

杉の線香と林業の密接な関係

日本のお線香といえば、昭和初期まで杉のお線香だったといいます。
もちろん、高級品としてタブの木や白檀、沈香のような匂い線香も使われてきましたが、日常使用していたのは杉のお線香です。
毎日上げても苦にならない親しみやすい香りだったということも大きな理由でしょう。
また、材の調達がしやいことも、日用品として使われ続けるために欠かせない条件です。

杉の木は日本人にとって、切っても切り離せないなじみの深い木です。幹は建材に、皮は屋根や垣根に、そして葉はお線香にとフル活用されてきました。
もちろん現在も、近郊の山々には杉の木がたくさん植えられているのを目にします。最近では花粉症の原因という不名誉なイメージがついてしまいました(ちなみに「水車杉線香」は杉の葉を使用しており、花粉は一切入っていないので、花粉症の方も安心してお使いいただけます)。それくらい、杉の木はたくさん生えているはずなのです。
ですが、杉の木は使用されていない、というのが現状です。
国産材が家などの建材に使われることがなくなり、副産物としてとれる杉の葉も手に入りにくくなってしまったのです。
「水車杉線香」の生産者、駒村清明堂さんも杉の葉の調達に苦労されています。
「近隣で杉の木が伐られた」と聞くと、あわてて駆けつけるのだそうです。

今、日本の森林は使われずに荒れています。本来木々が吸収するはずのCO2は、森林が荒れることによって吸収されなくなってしまっています。
その逆に、海外の森林は木の使いすぎで疲弊をしてしまいCO2の吸収量が激減しています。
この状況を打開するため、日本の森林によるCO2削減のプロジェクト「3.9グリーンスタイル」が提案されています。

また「環境」面からだけでなく、日本の「林業」という点から見ても、人工林が放置されているのは大変深刻な問題です。
食料自給率の低迷が問題になっていますが、木の自給率は食料以下の20%です。
国土の約70%が山林という森の国であり、木を使用した数々の伝統文化を持ちながら、材の調達を80%も海外に頼っている不均衡が起こっています。
木が売れなければ、木を伐ったり手入れをしたりする人件費が出ないため、ますます森林が放置されるという悪循環に陥っています。
森林の育成に欠かせない「間伐」も行われなくなってしまいました。「間伐」とは、一部の木を切って木と木の間隔を適正に保つことを言います。この「間伐」が行われないと森林に陽光が差し込まず、ひょろひょろの弱い木ばかりになってしまっています。
それがまた、CO2の吸収量を減少させる原因となるという悪循環を起こします。

国産の木を生活に再び取り込むことは、この悪循環を断ち切る方法の一つです。
個人でできることは限られているので、効果的な対策も待ち望まれています。
杉のお線香を通して、日本の森林が見えると言っても過言ではありません。
使う→植える→育てる→また使う、という循環を再び生活に取り戻すことが、環境にとっても産業としての林業にとってもとても大切なことなのです。

使う→植える→育てる→また使う、という循環

使用上のご注意

※できる限り湿気を持たさないように保管してください。
※使用しているのは杉の葉です。花粉の部分は使用しておりませんので花粉症の方も安心してご使用ください。

関連商品

青森ヒバお線香 110g入り

1,404円(税込)
購入数

備長 炭麗(たんれい) 120g 1ヶ入り

1,080円(税込)
購入数

ページトップへ