シロアリについての豆知識

シロアリとは?

 米粒を長くしたような体長数ミリの虫です。本来は森林に生息し、落ち葉や枯れ木を食べて腐葉土に変え、自然に返す役割を担っています。住処を追われたシロアリが家屋に住みつき、木造部分を食べてしまうということもあり、防除の対象にされています。

 シロアリは社会性昆虫で女王、王、副女王、働きアリ、兵アリなどの階級制度があって、それぞれ仕事を分担しあって生活しています。



女王・王
 巣から飛び出した羽アリが地上に下りて翅を落とし、雌雄がカップルとなって巣をつくり女王と王になります。
 交尾・産卵によって子孫を増やし、その集団の繁栄を図るのが任務です。一つの巣のシロアリはみんな女王と王の子供ということになります。
 女王の腹部は産卵につれて、伸長肥大してヤマトシロアリでは体長十数mm、イエシロアリでは40mmにも達し、寿命は10〜15年で、一生の間には100万個以上の卵を産みます。
副女王・副王
 女王や王が死んだり傷ついた場合に、女王・王の代わりをする階級です。
働きアリ
 最も個体数の多い階級で、全体の90〜95%を占め、巣や蟻道を作ったり、修理・清掃をするほか、餌の採取・運搬・育児・他階級への供餌など、シロアリ社会のあらゆる労務を受け持っています。
兵アリ
 外敵からの防衛にあたる階級で、突出したはさみ状の大あごや、堅固で大きな頭部、それに頭部先端から放出する制御物質などを武器として外敵と戦います。発達したコロニーでは2〜3%程度を占めています。

ページトップへ