製品について

もっと知りたい「生きている繊維」ウールについて

もっと知りたい「生きている繊維」ウールについて

今回、エコデパで初めてオリジナルのウール製品を取り扱うにあたり、少し専門的な内容となりますが、ウールの構造と性質についてご説明したいと思います。

ウールが羊の毛なのはほとんどの方がご存知かと思います。
ウールは「生きている繊維」とも呼ばれていますがそれはなぜ、またどういう性質があるのでしょうか?

「生きている繊維」ウールの構造と性質

①保温性

羊の毛はどんな形?と聞かれると、皆さんクルクルとしたカーリーヘアを思い浮かべるのではないでしょうか?
まさにこれが「クリンプ(縮れ)」と呼ばれ、ウールが空気を抱え込み着ている人を暖かく保つ秘密です。
羊の毛は天候などによる湿度の微妙な変化に合わせて、常にクリンプが伸縮しています。湿気を吸うと伸び、乾くと縮む現象を 「ハイグラル・エキスパンション」といいます。

②調湿性

羊の毛には、私たちの髪の表面を覆うキューティクルと同じように
「スケール(表皮)」というウロコ状の層があります。
吸湿性のある内部組織「コルテックス(皮質)」が、湿気をため込み膨潤すると、
「スケール(表皮)」は開き、放湿されます。
そして「コルテックス」の水分が減少すると、「スケール」は閉じます。
これらの働きにより、羊毛は快適な水分状態に保たれています。

羊から羊毛が刈り取られ、ウール繊維としてセーターになった後も、
この性質は失われることはありません。
これがウールが「生きている繊維」と呼ばれる理由です。
私たちは自然の力によって、ウールセーターを快適に着ることができます。

呼吸するウール

※コルテックスは二重構造になっています。
・オルソコルテックス:水を吸いやすい=膨張しやすい
・パラコルテックス:水を吸いにくい=膨張しにくい
吸湿した時、それぞれの膨張性の違いが「クリンプ(縮れ)」を発生させます。

縮れの起きる構造
ウールの構造

気をつけたい、ウールの「フェルト化」

ウールの特徴を知らずにお手入れを行ってしまうと、繊維が密にからみあい離れなくなる「フェルト化」が起こり、縮みやゴワゴワした風合いの原因になります。一度フェルト化された製品を元の風合いに戻すのは非常に困難です。

フェルト化が起こる!気をつけたい3大条件「こすれ・熱・水」

・水を含んでスケールが開いた状態は繊維が絡まりやすく、さらにこすることで繊維同士が絡まり、硬くなってしまいます。

・お洗濯の際に、「羊の平均体温39度」より高温の状態となったり、アルカリ性溶液*の使用などもスケールの開く要因と言われています。

・これらの要因を極力避けていただく事によりフェルト化防止になり、製品の柔らかな風合いが保たれます。

*ウールやシルクなどの動物性たんぱく質を含む繊維は、アルカリ性溶液や酵素に弱い性質があります。 これは、たんぱく質がアルカリによって構造がゆがんだり分解されたりするためです。
市販のアルカリ性洗浄剤は洗浄力が高く油性の汚れ落としには効果的ですが、ウールに使用すると繊維を劣化させ、フェルト化を促進してしまいます。お洗濯には、必ず「ウールやシルクに使用可能」と記載のある石けんや洗浄剤をご利用ください。

商品カテゴリ

新カタログできました!初めてご注文いただいた方全員に無料!!プレゼント中!!!カタログのみのご請求はこちら

先週の人気商品ランキング

【抜群の吸水・速乾性】リネンバスタオル

¥1,760(税込)

乾きが早くていつでも清潔!抜群の吸水・速乾性、丈夫なリネンバスタオル

ムシさんバイバイ 防虫スプレー台所害虫用

¥1,650(税込)

ムシさんバイバイは農薬成分を使わない全成分植物由来の防虫スプレー(忌避剤)です。植物の力で台所害虫対策!

【抜群の吸水・速乾性】リネンクロス40

¥594(税込) ~

昔からの製法に基づいて製造しています

【万能粉石けん】美葉うぉっしゅ【洗濯・食器洗い・水周りの掃除・床拭き他!】

¥880(税込)

美葉(びば)うぉっしゅは、洗濯だけでなく食器洗いにもお使いいただける、洗浄力抜群・強力抗菌・消臭効果のあるリサイクル石けんです。合成洗剤ではありません。美葉うおっしゅに含まれる青森ヒバ油の抗菌・消臭効果により、衣類の抗菌消臭効果が長続きします。

美間(ビーマ)ジェル

¥1,980(税込)

ウッディーな香りで空間消臭&虫よけ!玄関や寝室、トイレ、車内に

製品のお手入れ方法

製品のお手入れ方法

丁寧につくられた道具は、お手入れをすれば長く使うことができます。 

メルマガ限定のお得なキャンペーン情報や、おすすめ商品などをご案内するメールマガジンをお届けします。下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押してください。

変更・解除・お知らせはこちら


リクルート

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ