ミツロウ(蜜蝋)

型ぬきキャンドルのつくりかた

思いどおりのかたちがつくれる 型ぬきキャンドルのつくりかた

準備1
カンごと湯せんして、ドロップ状のミツロウを溶かし、液体にします。

カンごと湯せんして、ドロップ状のミツロウを溶かし、液体にします。
① セットのカンからミツロウ以外をとり出す
② 小さめのナベに2-3cmの深さまで水を入れる
③ カンをそのままナベに入れ湯せんする
④ ミツロウを完全に溶かし、液体にする



準備2
セットに入っているめん糸にミツロウをしみ込ませ、灯芯にします。

めん糸をミツロウに浸します。
めん糸をミツロウに浸します。
熱いので注意しながら、灯芯を伸ばします。
熱いので注意しながら、灯芯を伸ばします。

① めん糸のはじを持ち、溶けたミツロウに浸す
② 糸をひきあげ、まっすぐに伸ばす
③ 最初に持っていた糸のはじまでミツロウに浸す


型ぬきキャンドルをつくろう
いろいろな型をつかい、ミツロウを流し込み思い通りの形のキャンドルをつくります。

① 型を用意する
② 灯芯を型の高さより2-3cm長く切る
③ 料理用バットや紙箱など底の平らな容器にオーブンシートを敷き、型をおく
④ 用意した灯芯を割箸にはさみ、型の上にセットする
⑤ ミツロウを湯せんから出して、型の底にいきわたる程度に少し流し込む
⑥ ミツロウの表面が白くなりだした頃に、残りのミツロウを注ぐ
⑦ 完全に冷え、型とミツロウの間にすき間ができてきたら、取り出す

新しい割箸なら割ずにそのまま芯をはさみ、古いものははさんで輪ゴムでとめる。
新しい割箸なら割ずにそのまま芯をはさみ、古いものははさんで輪ゴムでとめる。
注ぎ口のある容器や、飲み口を1ヶ所つぶした紙コップなどを使うと便利。
注ぎ口のある容器や、飲み口を1ヶ所つぶした紙コップなどを使うと便利。
型のかたちによっていろいろつくれます。
型のかたちによっていろいろつくれます。

商品カテゴリ

新カタログできました!初めてご注文いただいた方全員に無料!!プレゼント中!!!カタログのみのご請求はこちら

先週の人気商品ランキング

かや棉ふきん

¥756(税込)

台所仕事にぴったり!丈夫で速乾性に優れた大判の「かや棉ふきん」

【抜群の吸水・速乾性】リネンバスタオル

¥1,599(税込)

乾きが早くていつでも清潔!抜群の吸水・速乾性、丈夫なリネンバスタオル

かやお台ふき

¥540(税込)

たった1枚で掃除・炊事に大活躍!8重仕立てで丈夫な「かやお台ふき」

シバクイーン

¥1,950(税込)

驚くほど速く取れる!芝生用の草取り鎌

フィトンα虫よけ吊り下げタイプ 2個入

¥1,426(税込)

フィトンα虫よけ吊り下げタイプ 2個入は化学成分を一切使用せず、植物成分のチカラで虫を寄せ付けない、吊り下げタイプの虫よけです。

製品のお手入れ方法

製品のお手入れ方法

丁寧につくられた道具は、お手入れをすれば長く使うことができます。 

メルマガ限定のお得なキャンペーン情報や、おすすめ商品などをご案内するメールマガジンをお届けします。下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押してください。

変更・解除・お知らせはこちら


リクルート

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ