シックハウス症候群を伝える新聞記事

シックハウス症候群を伝える新聞記事
2003年1月24日(金)
朝日新聞第2社会ページに、調和小学校のシックハウス症候群の件が報道される

(以下は、上記新聞記事を読みやすくしたものです)
新校舎で児童不調
調布市 シックハウスと謝罪

東京都調布市の市立調和小学校(山崎敏雄校長、児童410人)の新校舎で昨年9月の開校直前、シックハウス症候群の原因物質とされるトルエンやホルムアルデヒドが基準値を上回って検出され、体の不調を訴える児童が相次いでいたことがわかった。

調布市教育委員会は23日、「シックハウスの可能性が極めて高い」と発表、教育長が保護者に謝罪した。

現在、体調不良や健康不安を訴える児童8人が、転校したり、一時的に近くの学校に通ったりしている。

調査は、NPO法人「シックハウスを考える会」(事務局・大阪府)に市教委が依頼。皮膚科医の笹川征雄副理事長がこの日、「開校時、トルエンは基準値の4 倍〜10倍。ホルムアルデヒドも高く、子供たちは1ヶ月間化学物質にさらされていた。わかった時点で登校を中止すべきだった」と発表した。ただ、数値は一部を除いて下がっており、今後については「影響は少ない」とした。

2003年1月23日(木)
朝日新聞多摩版に、調布市立調和小学校のシックハウス症候群の原因とされる、トルエンを測定している写真と共に、その詳細が報道される

朝日新聞 2003年3月4日
「シックハウスで健康被害。有害物質指針の4倍。大京謝罪、マンション買い戻し」

生活

ページトップへ