カートをみる ログイン・会員登録 ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

Q&A 洗濯用フィトンαについて

Q&A 洗濯用フィトンαについて

Q:開封時にツンとした香りがするのですが?
A:これは原料に加えているマスタードオイルの香りです。抗菌性の高いこの成分は揮発性が高いので、少しは鼻にツンとくるかもしれませんが、体に害はありません。

Q:どこに、どのタイミングで投入すれば良いのですが?
A:全自動洗濯機であればほとんどに柔軟剤投入口が付いているので、スタート前にそこに投入して下さい。また、2層式の洗濯機をお使いの場合や手洗い時はすすぎ時に適量を入れて下さい。

Q:洗濯物に香りが残りませんか?
A:天然成分の香りが多少衣類に残る場合もありますが、この香りにも消臭・抗菌効果があります。また、揮発性の成分ですので、干している間に香りは消えていきます。

Q:市販の柔軟剤と併用しても問題ありませんか?
A:一般的に市販されている柔軟剤と反応することはありませんので、ご安心下さい。

Q:はじめに洗剤と一緒に入れてもいいですか?
A:洗剤と一緒に入れてしまうと効果が落ちてしまいます。洗剤の残りカスから発生する菌を防ぐ目的もあるので、できるだけ洗濯後のすすぎの段階で投入することをお勧めします。

Q:毎回入れているのですが、、何か問題はありますか?
A:梅雨の時期だけでなく、毎回入れていただくのが1番理想的です。臭いが出なくても、石鹸カスから発生する菌や、洗濯槽に付着する菌の抑制にも役立つので是非お使い下さい。

Q:お風呂の残り湯を使っているのですが、効果はありますか?
A:効果はあります。ただ、お風呂の残り湯は雑菌が多いので衣類やタオルを洗うのはあまりお勧めできません。かなりの菌が洗濯物に付着してしまう可能性が高く、残留菌も多くなってしまいます。


部屋干しの問題点
洗濯物のニオイを防ぐ洗濯の仕方、乾かし方のポイント
フィトンチッドの力を結集させた洗濯用フィトンαの開発
フィトンαとは?
洗濯用フィトンαの誕生
洗濯用フィトンαの特徴
■Q&A 洗濯用フィトンαについて