カートをみる ログイン・会員登録 ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

シックハウス症候群って何? 原因と症状

■シックハウス症候群って何? 原因と症状 ■こうして直すシックハウス 
シックハウス対策商品


シックハウス症候群って何? 原因と症状

シックハウス症候群って何?
住宅が原因となってそこに居住する人の健康を害するものをいいます。
建築材や家具の塗料、壁紙や床の接着剤などなど、いたるところに、実はたくさんの化学物質が使われています。
シックハウス症候群は、
それらの化学物質の影響により、室内の空気汚染が原因となって起こります。目がチカチカしたり、鼻や喉が痛い、頭痛がする、ふらふらする、皮膚がかゆくなる、疲れやすくなるなど、その症状は人によってさまざまです。

ダニやカビ、ハウスダストなどが原因のアレルギー症状もシックハウスと言えます。シックハウス症候群の症状は多様で、個人差があります。発症のメカニズムも未だ解明されていません。この様に様々な原因と症状などから正確には「シックハウス症候群」と言うべきでしょう。

シックハウス症候群に関する数々のショッキングな新聞報道


シックハウス症候群と呼ばれる主な症状
それでは、実際にシックハウスでどのような症状が出るのでしょうか。
新築の建物に入ったり、引越しをしたりして感じるちょっとした症状、それがシックハウス症候群のサインです。具体的にどのような症状が出るのかというと、以下のような症状があれば、シックハウスを疑ってみるべきです。

  • :頭痛、めまいイライラする、集中力がなくなる、怒りっぽい、ムカつく、キレル、頭痛がする、めまい、白髪、抜け毛が多くなる、など。
  • :鼻の奥がヒリヒリする、くしゃみが出る、鼻がムズムズする、など。
  • 骨格:肩がこりやすい、背中がパンパン、体がこわばる、腰痛、など。
  • のど:イガイガする、口内炎、空咳、咳が止まらない、など。
  • 皮膚:カサつく、やたらとかゆい、アトピー性皮膚炎が出る、または悪化する、じんましん、赤い発疹、など。
  • :チカチカする、ショボショボ疲れ目、視力が低下した、暗いところで見えにくい、など。
  • 心臓:ドキドキする、不整脈がある、胸の圧迫感、不安感、など。
  • 呼吸器官:ぜんそく発作が頻発、タンがからむ、息切れ、ゼーゼーする呼吸、など。
  • 消化器系:食欲不振、腹痛、下痢、便秘、など。
  • 泌尿器系:頻尿、失禁、など。
  • その他:脱力感、冷え性、倦怠感、物忘れ、など。


いかがでしょうか。これらの症状を見ると、ありとあらゆる症状のあることに驚かされます。人によって症状が出たり出なかったり、また、同じ家の中にいても、人によって出る症状が違ってくるというのもシックハウスの特徴です。

頭痛やめまい、下痢などはすぐに気がつく症状ですし、喘息、アトピーなども自覚症状で本人も気づきます。ところが、集中力がない、怒りっぽい、計算違いが多くなる、落ち着かないなどの症状は、まさか住んでいる家が原因だとは誰も思わないはずです。なんとなく体調が悪くて病院に行っても、更年期障害や風邪と診断されてしまい、シックハウスということに気がついていない方も多いのではないでしょうか。原因不明の体調不良が長く続いている場合、それはもしかしたらシックハウス症候群なのかもしれません。

シックハウス症候群の原因は?
シックハウスの主な原因としてホルムアルデヒド・VOC(揮発性有機化合物)等の化学物質、ダニ、カビなどによる住宅内の空気汚染が原因となっています。また、アメリカなどではダニやカビ、ハウスダスト、高周波の電磁波、低周波の振動などでもシックハウスに定義されるようになってきました。

粒子状物質粒子状物質は、ダニ、真菌、細菌(生物学的因子)、タバコの煙、ハウスダストなどです。
化学物質シックハウスの原因として今、注目をされているのが、化学物質です。化学物質の中にはいろいろなものがありますが、ホルムアルデヒド、揮発性有機化合物などが代表的なものです。一番有名なホルムアルデヒドは、建材・内装材、家具などに接着剤、防腐剤として使われています。
揮発性有機化合物揮発性有機化合物というと言葉はちょっと難しいですが、農薬なども含む化学的な薬品の事を指します。農薬として使われる以外に、防虫剤、芳香剤など、生活用品として広く使用されています。


シックハウスの原因となる化学物質
家の中ではこんなところに使われています。

畳防虫シートダニ発生を防ぐ目的で、有機リン系農薬が水田散布許容量の20〜30倍も塗られています。密閉された室内では夏場など、有機リンが揮発して室内濃度が高くなり、危険です。
合板床、壁などに貼られた合板には、腐りにくくするため殺虫剤が注入されています。また、合板を張り合わせる接着剤はホルムアルデヒドの発生源となります。
壁紙防火のための難燃剤として、有機リン系農薬が使われています。防火のためとはいえ、燃えるときに有毒ガスが発生するため、火災の時には煙に巻かれて窒息してしまう危険性もあります。壁紙の95%以上に使われている塩化ビニールクロスには、可塑剤という合成化学物質を大量に使っていますが、それが、環境ホルモンとしても知られているフタル酸エステルです。さらに、安定剤、充填剤、着色剤、溶剤、発泡剤、難燃剤、防かび剤などを配合してあり、まさに、塩化ビニールクロスは化学薬品そのものともいえます。
床下シロアリ駆除剤として、有機リン系農薬が大量にまかれています。農地に使われる何十倍もの大量な薬剤散布です。一度まかれた薬は床下の土を取り替えても炭を入れても取り除くことはできません。
フローリング防虫処理剤を木材に注入してあるほか、表面に塗られたニスにも薬剤が含まれます。
カーペット防虫のための薬品を加工してあります。

住宅の高気密、高断熱化により急増するシックハウス症候群
密閉された室内で、空気中に含まれる高濃度の有害化学物質を一度に大量に吸い込んだり、微量な濃度であっても、長期にわたり吸い込み続けることで突然発症することになり、一旦発症してしまうと、ごく微量な物質にでも反応してしまうようになります。

主に、新築住宅に入居後あるいは、リフォーム後1年以内という短期間に発症するケースが多いようです。

国内での患者数は1000万人を超えるともいわれており、中でも普段家の中にいる時間が多い主婦と子供の患者数が圧倒的に多くなっています。日本では、十分な換気を考えない高気密高断熱の省エネ住宅を激増し、これが「シックハウス症候群」につながったのではないかと言われています。

従って、原因となる建物を離れるとそれまでの不快感や健康障害からまるで何も無かったかのように開放されるのです。今や「シックススクール」なる言葉も出てきています。職場や家のみならず、学校までもが化学物質による室内空気汚染の現状にさらされているのです。

社会問題となっているシックスクール症候群
学校の校舎や幼稚園、保育園などの園舎でも建材から空気中に揮発してくる化学物質で子供達の身体に不調が起きる。これをシックスクール症候群と言い、原因が同じで幾つかの症状があらわれる症候群は重大な意味をもっています。

公立学校の多くが改修・改築時期を迎え、改築・改修現場では、この問題に対する認識がまだ十分ではなく、子供の通う学校の外壁工事の後で塗料が原因で気管支炎を起こしたり、床の張替え直後に全身が腫れ上がることなどが報告されています。

比較的通気の良い校舎でも、2001年末の実態調査結果で50校の281ヶ所を検査して12ヶ所が、WTOや厚生労働省の定めるホルムアルデヒドの安全な値0.08ppmを越えていたと発表されています。安全な値の5.5倍のホルムアルデヒド濃度が検出されたところでは、約半数にあたる生徒が、気分が悪い、目がかすむなど体調を崩していました。

2002年2月に文部省は塗料や接着ノリを使わない工法などの設計を呼びかけていますが、室内の汚染は建材だけからではなく、他製品からも放出されているので室内から完全になくすことは難しいと言われています。

室内汚染物質の大半、環境ホルモンには神経毒性があります
ある築5年住宅の室内空気からは13種類もの有機リン化学物質が検出されています。5年経った家でも住む人は薄い「神経毒ガス」を吸わされているのです。

これら室内汚染物質の大半は環境ホルモンの仲間です。環境ホルモンには神経毒性があり、暴力、犯罪、うつ病、自殺などの社会的不適応を引き起こすものがあるとされています。

「環境ホルモンは、キレル子供たちの引きがねではないか」と懸念する専門家もいます。

自分でも気がつかないうちにシックハウスになっている
このように、現在私たちの生活の場は、身の回りを化学薬品に囲まれた「毒の家」だと言っても過言ではありません。これらの有害化学物質は長年にわたり、私達の健康に影響を与えます。ただ、同じ環境にいても、症状が出る人もいれば、出ない人もいます。

お酒にも強い人と弱い人がいるように、化学物質に対する耐性も人それぞれです。また、症状の中には自覚しにくいものもあり、自分でも気がつかないうちにシックハウスになっていることも考えられます。特に敏感なアレルギー疾患の人や、子供たち、病人、高齢者への影響が心配されています。


■シックハウス症候群って何? 原因と症状 ■こうして直すシックハウス 
シックハウス対策商品

ページトップへ